stair:case

COLUMN

2021年2月8日 こだわり

髪は細部に宿る。メンズカットのこだわり

 

こんにちはスタイリストの清水です。

ちょっとしたこだわり…1番意識するのは細部まで綺麗かどうかです!

僕が担当するお客様に多いのがビジネスマンが多いこともあり綺麗かどうかは僕の判断ではありますがミリ単位で意識しています。

例えば、ワイシャツの襟から見える男性の襟足のカットが綺麗かどうか。

僕が一番好きな男性の佇まいが後ろ姿なので、後ろから見たときに刈り上げのグラデーションはもちろんですが、襟足が寸分違わず綺麗に整っているのか?

僕は好きではないですが、後ろから見た時に海苔がくっついてるような襟足はちょっとカッコ良くないですよねww。

白いシャツやTシャツなどから肌に馴染む色のグラデーションになってると電車や街で見かけてもカッコいい!どこでカットしてるんだろう?と気になってしまいます!

後、横一直線で真っ直ぐなのもあまり好きではありません。

肌に馴染むように綺麗に襟足を作るのが本当に楽しい!

それだけで、格好良く見えてしまうし男性にとって大事な清潔感があるように感じる!

え?ホント??っと思った方、

 

ちょっと注意して男性の切り立ての襟足を見てみてください!

カットしているスタイリストの個性が実に現れていますから!

僕の憧れる師匠も、そう言った細部のカットがとんでもなく上手く作品を雑誌などで見るたびに、

僕もまだまだだなぁと痛感させられます。

 

まさに髪は細部に宿る。とミリ単位でこだわらせて頂いている僕のカットする襟足を紹介させていただきました。これからも色々とご紹介させていただきますね!

最後までありがとうございました。

 

スタイリスト清水

清水 聡人

 

Big スタイリスト

清水 聡人Akihito Shimizu

関連記事