stair:case

COLUMN

2021年4月2日 お知らせ

4月になるとナカムが感じること〜忖度の壁〜

 

今年の春はピンク旋風が吹き荒れてますね。

よきよき。ピンクでも水色でもかかってきなさい!ナカムがお引き受けしますわ。

 

そして、春になると思う事があります。

この美容業界に対して大きなユメとキタイを抱いて入ってくる新人ちゃんが、

2〜3年経って感じるギャップ。

 

そりゃどの業界でもギャップはあるし、

夢物語だけとはいかないすけどね。

変な忖度で枠に収まっていくのってヤッパリなんだか寂しい。

【新人の子たちが抱いているような業界像】こそこの美容業界のあるベキ姿であるとボクは想うんすよね。

 

どうせムリやん。

 

って思っているオトナにはサッパリ用はなくて、

忖度なく共に世界を変えるエネルギーのベクトルが同じ仲間と手を組み歩む。

 

業界が明るくなるって、そういうコトなんじゃないかな?

業界の忖度壁はなかなか厚くて高いけど、だからこそ全力を注げるってモンです。

風の時代。

オセロみたいにドンドンと今までの常識がひっくり返っていく予感しかしないですね。

にゃはは

 

 

ナカム こと 中村太輔

中村 太輔

 

アートディレクターカラーリスト

中村 太輔Daisuke Nakamura

関連記事