stair:case

COLUMN

2021年4月6日 ビューティー

自宅でのケアについてのオハナシ。

 

皆様こんにちは。スタイリストの澁澤です。今回は自宅でのケアの仕方です。

髪がキレイに保たれてるとそれだけで印象がかなり変わります!

昨今自宅でできる髪の毛のホームケア商品ってものすごく溢れてますよね。

 

僕の肌感覚ですが、お肌とかはものすごくお金と時間をかけてお手入れしてる人は多いのに。。。

みたいに思ってました。

最近はとても意識の高い方が増えてきましたが。

やっぱりホームケアってものすごく大事なんです!

 

美容室でのトリートメントってだいたいマメな人でも1ヶ月1回程度、

もちろん現実的なことを踏まえると1番理想的な周期だと思います。

 

でも1年365日のなかの12日と考えると、自宅でのケアをやるのとやらないのでは美容室でのトリートメントの効果も全然変わってきます!!

 

しかしただ単にお金をかければいいというものではありません。

まずは今の状態から使っているものが合っているのか?

なにが必要なのかを担当の美容師さんに相談しましょう。

 

僕的にまず見直すべき順位をつけました。

1、シャンプー&コンディショナー(トリートメント)家で必ずと言っていいほど使いますよね。しかもほぼ毎日の人が多いのではないでしょうか。
シャンプーも成分によってコンディションが全然変わります。

洗えればいいってものじゃありません。

 

2、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)
こちらはものによって質感や香りなど好みがかなり左右すると思いますが、僕的には髪の毛を保護してくれる役割だと思っています。

 

3、ドライヤー&アイロン
ドライヤーに関しては毎日使うものです。ここ数年、高級家電などが浸透してすこぶる良いドライヤーを使われてる方が増えてきました。
やはり熱を使うので使うもの次第で髪の毛に負担をかけてしまいます。
最新の器具ではセンシングモードといってAIが搭載され一定以上の熱さにならないドライヤーなどもでてきました。

 

ここまで見直すと気づいた方も多いのではないでしょうか?

そうです、あれこれやる必要はまったくないんです!

 

季節が変われば髪の毛や頭皮の状態も変わる。年齢を重ねれば髪質も変わる。

今使っているものを見直すことがとても大事で【美髪】を手にすることが叶うのです。

是非一度プロにご相談されてみてはいかががでしょうか?

 

スタイリスト澁澤

澁澤 拓馬

 

TOPスタイリスト/カット技術講師

澁澤 拓馬Takuma Shibusawa

関連記事