stair:case

COLUMN

2018年6月5日 おすすめスタイル

技術者が変わればテイストも変わる!?

美容師歴が12年目に突入しましたが

ヒトの髪はおろか自分の髪すらうまく巻けない

カラリストの澤田です。

そんな私は普段のスタイリングはもっぱら

自前の「直毛という癖っ毛」を活かして

サラサラどストレート(ただの洗いざらし)なわけですが、

たまにステアなスタッフにお願いして

毛先を曲げたりしてもらっています、こんな具合に。

 

 

実はこれ、左と右で「巻きリスト」が違います。

ちなみに多少褪色してしまっているので

カラーは違いますが、ヘアースタイルは全くおなじ。

左は赤津、右は中村 (ふたりともカラリスト、、、)

仕上がりの希望なんて何も伝えていません。

巻く人が変わるだけで

こんなにも雰囲気が変わるんです。

「この人にはこういうのが似合いそうだな」

「こんなスタイルかわいいと思うな」

…といった

「似合わせ×担当者のテイスト」が

こういう形ででるんでしょうね。

 

これって実はカラーでも同じで、

「おまかせで」と言われたとき

「よぉぉぉっっし、じゃあこうしよ!」と閃くことも違えば

「どうやって色作ろうかなー」

「ここにハイライトいれたら絶対よき!」

と、アプローチの仕方は様々。

「アッシュ系で」と言われただけでも

3人カラリストがいたら3人とも違う調合でレシピをつくるでしょう。

 

「いつもと違う感じ」に挑戦したいときは

思い切って担当者を変えてしまう!

…というのもまた、ひとつの手かもしれませんね?

 

 

stair:case 澤田梨沙

・6月のOFF・

7日(木)、13日(水)、17日(日)、
19日(火)、22日(金)、28日(木)、29日(金)

澤田 梨沙

 

カラーリスト

澤田 梨沙RISA SAWADA

関連記事