stair:case

COLUMN

2021年3月4日 こだわり

はじめまして!『stair:case おもろまち』ですっ!

 

まだ、なーんにもない。ガラーンとした空間。

そう。ここに『stair:case おもろまち』が今春、生まれます。

 

stair:caseが銀座にオープンしてから3年。

次の店舗が、どうして沖縄っ?! と1000人ぐらいに聞かれました(笑)

フツーはサロンがある程度大きくなってくると、近くに2号店を作ることが殆どです。セオリーですね。

メリットとしては、人(スタッフ)の行き来がしやすく、片方が混んだ時などの対応が迅速に出来る事と

ブランドイメージをキープしやすい事でしょうか?

 

実はstair:caseも『銀座に2号店』を出そうとずぅ〜っと物件を探しておりました。

でも、全然ドンピシャなご縁がなかったんです(涙)

 

そんな中、2度目の緊急事態宣言が1月に。

当時は爆発的な感染者数だったこともあり、大人のお客様が多いstair:caseは正直ヒマヒマな日々でした。

 

情勢も情勢ですし、バタバタしてもしょうがないので

忙しくて本腰入れ切れてなかった『物件探し』を空いた時間に本気で行う事に考えをシフトする事にしました。

 

暇があればサロンを飛び出し、銀座の街を練り歩き。

看板が降りていれば、その場で管理会社に電話!

『いつ見れますか?!いつから入れますか?!』

まるで営業マンですね。本職は美容師です。

 

そう。この時はまだGINZAエリアを狙ってました。

 

 

何件も内覧し、条件に合う所が見つからず、、、

『なんやかんや1年銀座エリア見てるな』と思った時に、ふとエリアを変えてみたらどうだろうか?とおもったんす。

 

そこから青山、原宿、表参道、渋谷、六本木。

エリア広げて、吉祥寺、二子玉川、武蔵小杉。

更に広げて、本厚木?!

もっと広げて、名古屋、福岡。

そしてそして、着地したのが『沖縄那覇』でしたw

 

完全にブッ飛びましたねw

 

 

ちょっと長くなるので、続きはまた続編に書きますね。

これからも stair:case おもろまち 誕生ストーリーにご期待くださいませ(笑)

 

中村 太輔

 

アートディレクターカラーリスト

中村 太輔Daisuke Nakamura

関連記事