stair:case

COLUMN

2018年3月11日 おすすめメニュー

ある意味究極のハイライト&ローライト

 

トラ猫!ドラ猫!バケ猫!にゃん。
本当は【 三毛猫 】からインスパイアされたヘアカラーです

ハイライトやローライトという言葉は一般的にもスッカリ馴染みましたが、規則正しい均一なラインで表現されているヘアカラーが殆どですよね。
10年程ヘアカラーの専門家として過ごしていたある日
そんな規則正しい一定な仕事に『飽きたなぁ…』
と思っていた時期がありました。

そんな時。
『なんで三毛猫ちゃんはあんなにムラムラな色合いなのに「可愛いっ!♪( ´▽`)」って言われるんだろう?』
いや。むしろ均一なブチ柄の三毛猫がいたら…
むしろ奇妙じゃないか?(笑)と。閃いちゃったワケです。
そこから試行錯誤を繰り返し、ナカム こと 中村太輔の十八番カラーの1つ。【三毛猫カラー】が誕生しました。
有機的でダイナミックな動きを感じるヘアカラーは動物の様な不規則な柄にヒントがありました。

ベースブリーチがムラであればあるほど仕上がり感のムラクオリティがドンドン上がる。
そんなムラ直しは如何でしょう?

キチンとピッチリ綺麗な仕事も得意ですが、有機的なデザインカラーのポイントはハイライトやローライトを不規則に配置するチョットした勇気。それが三毛猫カラーです。

あまりこの手のカラーをする美容師を
日本では殆ど見たことがありません。
誕生から10年以上クオリティを上げ続けている三毛猫ちゃんカラー(笑)今年はこの子推しで行こうかな?

カラーレシピ
ベースブリーチ ルベル パウダーブリーチ 6%
ローライト ウエラ 祖父タッチ s3/7 2.8%
ハイライト demi パウダーブリーチ
ベースカラー ウエラ イルミナ 9ヌード+8オーキッド 1:1
シャンプー シュワルツコフ グッバイイエロー
処理剤 ロレアル スマートボンド

 

中村 太輔

 

アートディレクターカラーリスト

中村 太輔Daisuke Nakamura

関連記事